2018年01月07日

完結?ついにヤツらと向き合う時か?!

あけましておめでとうございます!きゃー世間はもう七草粥を食べる日だっていうのに、年始の挨拶もせず、それより何よりブログをほったらかしにして....

こんな私ですが、本年もどうぞよろしくお願いします!

前回のこと...もうお忘れでしょうが(私本人が忘れてたので^^;)続き&完結ということで書きたいと思います。


後日、義母が義父も連れて行きたいと言い出しました。ただ前回の義妹のことがあったので、義母は先に私の意見を聞いてから決定したい、ということで連絡をもらいました。私は義母ともまだ完全に関係修復したわけではないので、義父や義妹は様子を見ながらゆっくりと、と思っていたし、過去のトラウマがあり簡単に信用してまた傷つきたくないと思い、「孫に会いに来てくれるのは当然構わないけれど、私はまだお義父さんには会えません」と伝え、義母も了承して、義父に伝えてくれました。


それで、すんなり....


といかないのが義父!!!!(長らくお付き合い頂いている方々には予測できたでしょう^^;)


その夜、夫の携帯にとんでもないメッセージが届いたのです。


「お前の嫁は俺に会いたくないと言ってるらしいな。俺は誰や?その態度はなんだ。遠方に嫁いだ娘は週末の度に会いに帰ってくる...が、お前の嫁はどうだ?なぜ会わないのか今すぐお前の嫁に聞け。」



あ?



ああああああああ???




夫がうじうじどうしようか悩んでいるので、携帯を奪い取り、義父に返事をしました。


「あなたの息子の嫁です。どうもご無沙汰しております。あなたのメッセージを読み、会わないという決断したのは正解だったなと思いました。」


そこから義父とのチャット(笑)


私はもう肝が据わっちゃってて冷静なのに夫は隣で汗だく(笑)普段ほとんど汗かかない人なのにパジャマの背中が湿るぐらい(((^^;)

まあ夫からしてみたら「小さい頃から恐れてきた人」と「今最も恐れている人」との世紀のバトルがすぐ側で繰り広げられてるわけなので、そりゃ汗も吹き出るでしょう。


積年の思いを全て伝えたところ、最終的に義父がこう言いました。


「本当に申し訳ないことをした。家族がこういう状態になったのも全て自分が原因だ。許して欲しい。」



あ、謝ったーーーーー!!!!



夫は呆然として、ちょっと泣きそうになっていました。面子が何より大切なあの頑固者を謝らせるなんて本当にすごい!と褒められました(笑)喜んでいいの?

その後、義母から聞いた話ですが、義父はあの時の私との会話がすごく嬉しかったらしく何度も義母に見せてきたそうです。ドMなの?(笑)


結局、数回やってきた義父には五回目ぐらいに顔を見せて挨拶しました。まだギクシャクしてはいますが、徐々に、ですね。

義妹ともその後、メッセージのやりとりをして、私の気持ちを理解してもらいました。そして義妹とも再会を果たしました。


という一応ハッピーエンド?の結末になりました。まだまだ安心も信頼も心の底からできたわけではないですが、壊れるだけ壊れてしまった関係ですから、ツギハギでも徐々に直していけたらと思います。


不幸で終わらず、ちょっとつまらなかったかもしれませんが、以上で完結です。

追伸: 2018年もまた病んだり落ち込んだり、くよくよしたりすると思いますが、どうぞよろしくお願いします!
posted by じぇいこ at 17:41 | Comment(0) | 夫の家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

続・続ついにヤツらと向き合う時か?!

またしばらく空いてしまいました。あのあと本当にいろいろあって、もう心が掻き回されてめちゃくちゃでした。

義妹を連れて義母が来るところでしたね。


私は本当に行かなかったので、結局夫から聞いた話だけで、実際はどうだったかはわかりません。

夫も義妹とはほとんど話さなかったと言います。

義母がまた余計なこと、「夫が義母のLINEをブロックしていたこと」をその場で話したらしく、義妹が夫のところに来て「もしかして私もブロックしてるの?」と聞いたそうです。

「うん」


と答えると


「へぇ」


とだけ言って義母のいるところに戻って後はずっと義母と話して帰ったそうです。


チャンチャン!



いや、第三弾特に何も起こらなかったです。義妹はなぜブロックされてるか理解できないでしょうね。いい妹、いい娘って思ってたはずですから。


後日、義母だけがやってきたので、夫が「なぜ妹を連れて来た」と詰め寄りました。

「行きたいって言ったから。」


本当に悪気がなさすぎて、救いようがないです。そこでやっと初めて面と向かって二人で話しました。電話で話したこととそれに加えて私がどれだけ我慢してきたか、どれだけ傷ついたか、半泣きで話しました。今回は声を荒げないように落ち着いて、丁寧に話しました。

義母は謝っていましたが、やっぱりどこが的外れなところもあって完全には伝わっていないようでもありました。でも何も言わずに全部心にためて我慢していた時よりはすっきりしました。

義母はその後も何度も足を運んで無理してでもコミュニケーションをとろうとしているようでした。それでも、息子も何度も会うので、義母を自分の祖母だと理解し、懐くようになりました。

私も完全には心を許したわけではありませんが、メッセージがきたら普通に返したり、会えば普通に話すようにはなりました。

このままの状態がまあゆっくり続けば心も穏やかにはなるだろうなぁと思っていました。

が....







もう!また何か起こる!?







平和は長くは続かないんです(T^T)


追伸: 涙と胃痛の続編です。タイトルは変えると思いますが、また時間できたら続き書きます!
posted by じぇいこ at 20:00 | Comment(0) | 夫の家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

続・ついにヤツらと向き合う時か?!

義母と電話で話した際、「LINEしても返事がない」と言うので、私は「ブロックしてるからです。」と正直に言いました。その時、私は怒りが最高潮だったので、失礼かどうか、とか言っていいか、悪いか、とか全く判断する余裕もありませんでした。それに壊れるだけ壊れている関係なんだから今更気を遣っていい嫁ぶる必要もないし、とも思っていました。ブロックしていた理由も全部話したあと、「ブロック解除してもらえる?」と義母に聞かれ、しぶしぶ「はい」と答えました。

義母が来ると言った当日です。

ブロックを解除し、連絡がとれるようになった義母からLINEが届きました。

そこで私、何かがキレる音が聞こえました。





「娘も行きたいって言うから、娘と孫たちと一緒に行くから。」







あの







私の話聞いてましたか?







義妹がどれだけ私と夫を責めるようなことを言ったか、義母が義妹一家を贔屓しているような行動をとっていることに嫌悪感があること、私はっきり大声で言いませんでしたか?


ここは、まず自分だけで来て私と二人で向き合って話すべきではないのでしょうか。義妹や義父のことはその後徐々に、ではないですか。


私は一瞬頭が真っ白になりました。



「風邪を引いているので私は行けません。息子だけ連れて行ったら帰ります。」


と返事しました。




また心配しているような返事が来ましたが、私の気持ちが踏みにじられたような感覚の中、心配してくれてありがとう、なんて気持ちにはこれっぽっちもなりませんでした。



本当に無神経。



義母が義妹に私との電話の内容を話したかどうか、わかりませんが、一緒に来たがる義妹も義妹。連れてくる義母も義母。



頑張って気持ちを話そうと朝から緊張していた自分がバカバカしくなりました。



やっぱり、この人たちとはうまくいくわけがないな、と思いました。




そして、ヤツらがやって来ます。





つづく( ̄▽ ̄;)


追伸: お昼食べそびれて、朦朧としながら書いたので、誤字脱字、暴言(←それはいつもだろー)等ございましたら、申し訳ございませんm(_ _)m



posted by じぇいこ at 15:31 | Comment(0) | 夫の家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする