2016年02月20日

李社長のものまね

『ナオミとカナコ』見てますか?私は結構はまって見ているんですが、高畑さん演じる中国人社長役がいい味出してますよね!台湾人と中国人、似てるようで全く違うので本物の中国人女性を知る方にはどういう風に映っているかはわかりませんが、すごく雰囲気出てると思います。

それで、その高畑さん演じる李朱美のモノマネにはまってるのが、うちの夫です(;^ω^)

「今から寝るのことよ!」
「それはやってはダメのことね!」
「私、あなた、友だちね!」

台湾人が中国人の真似をする日本人のモノマネをする。

そこに意味があるのか?

真似しなくても、だいたいそんな感じなんですけど(笑)

追伸: 夫は優しいの人ね!DVしないのことよ!


にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(台湾・香港・中国人)へ
にほんブログ村
posted by じぇいこ at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

シュヤクはトンソク

業務連絡のため、私と夫とアルバイトの女の子、三人のLINEグループがあります。

今週末、土曜日も日曜日も団体様の予約があって、夫がそのLINEグループで連絡しました。

夫「土曜日は8名の予約があって日曜日は14名だから、よろしくお願いします!」

バイトちゃん(以下 バ)「わかりました!じぇいこさんも忙しいですね。お疲れ様です!」

私「いいえいいえ私はただの店員だから」

夫「何言ってるの!僕じゃなくてじぇいこが豚足だよ!!!」

バ「豚足!?」

私「私が豚だってことでよろしいですか?」

夫「あああああ!違う違う!豚足(豬腳=ズージャオ)じゃなくて、主役(主角=ズージャオ)!」

私「(豚の絵文字)」

バ「アハハハハハ」

夫「この携帯、僕より馬鹿だよ。このこのっ!」

私「(豚の絵文字)」

バ「アハハハハアハハハハ」

私「(豚の絵文字)」

夫「(落ち込んでる絵文字)」

私 (途中からプロフィール写真を豚にしました。)

バ「アハハハハ笑い死にしそうです。゚(ノ∀`)゚。」


本当に豚より太ってるから笑えねー。豚足のほうが私の足より細いー。

発音が同じで漢字が違うって日本語でもありますけど、夫は携帯で文字を打つのが遅く(日本人の私のほうが中国語打つの速いです。)焦って打つと必ず打ち間違えます。

よくあるのが「不會太晚(ブーホエタイワン)=遅くはならない」が「不會臺灣(ブーホエタイワン)=台湾じゃない」と打ち間違え。私はいつも「じゃどこ行くの?タイですかフィリピンですか。ほなさいなら。」って返します。(笑)

でも今回は「(笑)」とかないですよね。太ってる人間に豚足って。それ悪口!!

さ、豚足で猪突猛進❤❤

追伸: 豬腳(ズージャオ)=豚足は台湾ではポピュラーです!コラーゲンいっぱい!ぜひどうぞ!


にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(台湾・香港・中国人)へ
にほんブログ村
posted by じぇいこ at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

アンコー リン

昨夜、夫が帰宅するなり興奮した様子で話し始めました。

昨晩いらっしゃったお客様のことでした。お一人でいらっしゃったそのお客様はお年は召していらっしゃいましたがオシャレでダンディーなおじ様だったそうです。おじ様は夫に「おじゃまでないなら一緒に座って話し相手になってくれませんか」と言いました。夫は他のお客様もいらっしゃらないし、昨晩は忙しくなかったので、おじ様と一緒におしゃべりしたそうです。おじ様は自分のことを「uncleリンと呼んでくれ。」と言いました。夫とuncleリンはいろいろとおしゃべりし、夫を気に入ったuncleリンは台湾東部にあるという彼の別荘の写真を見せてくれたそうです。スマホの画面にはまるで高級リゾートホテルのような海辺の豪邸と何台も並ぶ高級車がうつっていました。uncleリンは「私は君のように志を持って頑張ってる若者が好きだ。」と言い、「絶対に奥さんや子どもを連れて東部に遊びに来なさい。ホテル代は要らない。家に泊まりなさい。」と言ったそうです。お会計の際、uncleリンは代金よりも多いチップを夫に渡しました。「また必ず来るよ。ありがとう。」と言い店をあとにしたそうです。その後、店仕舞いに外に出て片付けていると、ブブブーンブーンブーンブルルルーンン!!!という轟音が響き渡り、店の前に一台のランボルギーニが止まりました。夫が言うには、水色のピカピカのランボルギーニだったそうです。窓が開き、「今日はありがとう!また来るよ!」とuncleリン。そして、またものすごい轟音と共に水色のランボルギーニは颯爽と夜の街へ消えて言ったそうです。

作り話かよ!というぐらいの浮世離れした話でした。水色のランボルギーニになんて本当にあるのかな、とついググってしまいました。北野武監督の愛車も水色ランボルギーニだそうです。

夫の家族(最近は義実家?と言うのですかね。)とは全く上手くいってないんですが、お客様には本当に恵まれていていつも良くしていただいています。本当の家族みたいで、もう私の台湾の家族はこの人たちだなって密かに思っています。

追伸: いつか軽自動車でも買えるように地道にコツコツ頑張るぞ!


にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(台湾・香港・中国人)へ
にほんブログ村
posted by じぇいこ at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする