2016年04月30日

イジメがこの世界から消えてなくなることなどないのだから、(7)

前回の記事はカテゴリ「私の過去」をご覧ください。

英語を使える機会はあまりありませんでしたが、仕事自体にはやりがいを感じました。エクセルなどは慣れていましたし、会社の備品や工具等の注文も一旦覚えてしまえば簡単でした。新しいことも覚えなくてはなりませんでしたが、私の性格に合うような作業ばかりで苦になることはほとんどありませんでした。どちらかと言えば好きな仕事でした。

最初のうちは弁当を持参し、経理の女性、高田さんと一緒に食べていました。最初は楽しかったのですが、高田さんが時々、寿退社した私の前任の女性の悪口を言うようになりました。「男に色目を使ってた」だの「しょっちゅう本社に遊びに行ってた」だの...既にいなくなってしまった人の悪口を後任の人間にべらべら言う高田さんに少し不信感が芽生えました。しかし、たった一人の同性の社員なので失礼のないように当たり障りない返事をしていました。それでも、短い昼休みの時間くらい気分よく過ごしたいと思い、しばらくして弁当持参をやめ、昼休みは実家へ帰るようになりました。

高田さんは四十代後半のバツイチ子持ちの女性でした。女手一つで二人のお子さんを育てていました。最初に高田さんを見た時、性格がキツそうだと思いましたが、やっぱり第一印象というのはなかなか当たるものです。私は自分自身が見た目で勘違いされることが多いのでできるだけ、人を見た目で判断しないよう心がけています。それでも、やっぱり第一印象が当たることはいい意味でも悪い意味でも多々あります。

高田さんは自分が注目されなければ不機嫌になりました。どこかで聞いたことありませんか...そう、私の学生時代、私をイジメてきた女たちは皆そうでした。社長や部長が直接私に仕事を頼むと、それだけで不機嫌になりました。無視が始まり、デスクの引き出しを壊れるんじゃないかというほど強く閉めたり、ファイルを投げるように置いたり、私の向かいの席で何度もされました。大きな音が聞こえるたびに心臓が震えました。系列企業の社長がいらっしゃった時も特別に私に声をかけてくださると、高田さんは不機嫌になりました。誰かの歓迎会や送別会があると「私は行かないけど、じぇいこさんも行かないよね。」と言われ、暗黙のうちに私も不参加になりました。一度だけ工場の方に若い女性が入るということで歓迎会が行われました。女性同士なのだから行ってあげるのが当然だと思っていましたが、高田さんは案の定「私は行きません。」と先に言いました。私は高田さんに逆らい「行きます。」と答えました。そこからはしばらくひどい無視が続きました。残業もさせてもらえませんでした。「残業代はきちんと出すから残業してくれないかな。」と社長から直接言われましたが、毎日5時になると「もう帰っていいよ。」と高田さんに言われました。自分の居場所が盗られるのが怖かったんでしょうか。仕事内容も違う、年齢も違う、立場も違う、そんな私に敵意を剥き出しにして何になると言うんでしょうか。いつ不機嫌になるかわからない女の前に座り、仕事をする苦痛を、無視され、大きな音で威嚇される日々を私は三年近く耐えました。

どんどんどんどん心が壊れていく私に両親も「もう辞めたらいいよ。」と言ってくれました。私は退職届を社長に渡しました。社長はそれを黙って引き出しにしまい、「考えさせて欲しい。」と言いました。遅かれ早かれこの日が来ることを社長はわかっていた、そして原因もわかっている、という顔をしていました。私は社長室を出て自分の席へ戻りました。

社長がいつ退職届のことについて話を切り出してくれるのかやきもきしながら数日を過ごすことになりました。

数日が何年もに感じられました。
posted by じぇいこ at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | じぇいこの過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

謝謝。

昨日は取り乱して、心の中をそのまま書いてしまったにも関わらず、心配して連絡をくれた皆様、本当にありがとうございました。

私と同じく、台湾人のご主人がいて、お子さんがいて、台湾に住んでいるPさん、本当に元気をもらいました。同じように悩んで苦しんでももがいてもがいて頑張っている人がいるんだってすごく勇気が出ました。一人じゃないんだなって温かくなりました。本当にありがとうございました!

最愛の妹も実家から離れ、頼れる人もいないところで頑張っているのに、心配して話を聞いてくれました。私は戸籍上、姉
ですが、妹の方がずっとずっと大人です。神様が本当は妹になるはずの私を間違って先に母のお腹に入れちゃったんじゃないかと思うくらい、お姉ちゃんみたいに頼りになります。本当にいつもありがとう!

息子はなぜか朝から「もし自信をなくして〜くじけそうになったら〜いいことだけいいことだけ〜思い出せ♪」というアンパンマンの歌のサビじゃない部分をリピートしていました。私に唄ってくれてるわけではないでしょうが、今の私にピッタリすぎて可笑しかったです。

昨日はとにかく子どもみたいに泣きました。泣いて泣いて鼻水もいっぱい出したら(←汚い!)ものすごくスッキリしました。体の中と心の中の悪いものが全部出たみたいでした。

またすぐ落ち込んでしまうかもしれませんが、私なりに頑張ってみます。
posted by じぇいこ at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

もう辞めたい。

毎日毎日毎日怒鳴ってばかりで疲れました。怒鳴られる方がもっと疲れるかもしれないけど、もう本当に母親辞めたいぐらい疲れました。

最低な母親です。わかってます。自分の感情を抑えられず大声で怒鳴って、それですっきりするわけもなく、どんどん自己嫌悪に陥って、何もかも捨てたくなります。

頑張っても頑張っても報われないことだらけです。

誰かもっと優しいお母さんが息子には必要なんじゃないかと思ってしまいます。

母親を辞めたくなります。

妻を辞めたくなります。

私を辞めたくなります。



posted by じぇいこ at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | こどものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする