2016年04月03日

即興物語

最近、息子が寝る前は電気を消して布団に入ってから即興で作った話を聞かせています。

ただ疲れて本を読むのが億劫なだけです(^_^;)

昨夜は「何をしても遅い亀さんが朝早くからお弁当を作ってピクニックに行くのだけれど、お弁当を作るのも遅くて昼になって
しまった。やっと山の頂上に向けて出発したが、歩けど歩けど頂上は見えず途中で夜になってしまった。亀さんは仕方なく眠って朝また出発した。やっと頂上に着いたけれど、なんとお弁当がない。泣きながら帰りはじめたが、また夜になって...朝が来て目を覚ますと森の動物たちがそれぞれお弁当を持って集まっていた。皆が分けてくれた食べ物を一緒に食べて楽しいピクニックをした。帰りはうさぎさんが背中に乗せて家まで送ってくれた。帰ったら何と家にお弁当を忘れていた。」というようなお話。ありがちな(笑)

でも、話し終えたら息子が「わーありがとう!すごくいい話だった!」と言ってくれました。

やめてー泣きそう(T_T)

追伸: 絵が上手だったら絵本作ってあげられるのになぁ...でもそうなると結局絵本読むの億劫で...また新しい話作って...で絵本にして...億劫で、新しい話...(←しつこい!)

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
posted by じぇいこ at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | こどものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする