2016年04月12日

イジメがこの世界から消えてなくなることなどないのだから、(3)

前回の記事はカテゴリ「私の過去」をご覧ください。

私のクラス替えの希望は一つは叶えられ、もう一つは叶えられませんでした。紗耶ちゃんとは別のクラスになりましたが、多恵ちゃんとは同じクラスになれませんでした。

でも紗耶ちゃんと離れることができたのだから、私の三年、四年の二年間はきっと素敵な日々になるだろうと少し嬉しくなりました。しかし、そんな淡い喜びもすぐに消えてなくなってしまいました。

紗耶ちゃんに代わる女王様がいたのです。綾ちゃんというソバカスが多く鼻筋の通った、ハーフだと言われれば信じてしまうような外見の女の子でした。私は綾ちゃんに気に入られたようで綾ちゃんのグループにいつの間にか入っていました。グループなんて馬鹿らしいと思っていても自然とグループができてしまうのが女子...。私は学級委員長に選ばれたり、綾ちゃんのグループにいるので何となくクラスの中心にいるようになりました。ただ、綾ちゃんは紗耶ちゃんと同じ、自分の思い通りにならない人間が大嫌いでした。よく理由もわからないまま無視されることが増えました。クラスの他の女子たちも綾ちゃんに怯え、一緒になって私を無視しました。綾ちゃんの機嫌がなおると綾ちゃんからもクラスの女子たちからも話しかけられるようになります。それの繰り返しでした。こんなに無視されて誰も口をきいてくれなくなるぐらいなら、まだ物を盗られたり、隠されたりしていたほうがましだったな、とため息が出ました。一度、香ちゃんという絵がとっても上手で家にもお互い行き来するほど仲のよかったクラスメイトが手を洗っているときに隣に来て小声で教えてくれました。「綾ちゃんがじぇいこちゃんとは口をきくなって女子全員に言ってる...だからごめん...」私は「うん、わかった。ありがとう。」としか言えませんでした。ただ皆、私が嫌いなんじゃなくて、綾ちゃんが怖いだけなんだとわかって少しだけ救われた気がしました。でも私と香ちゃんが話しているところを綾ちゃんが見ていたのです。今度は香ちゃんが無視されるようになりました。あんなに辛い思いをしたのに、私は結局他の女子と同じで香ちゃんのために何もできませんでした。

イジメと言うのは、こうして続いていくんです。終わらないんです。イジメる人間とイジメられる人間の他に怖くて何も出来ない人間、見ているだけの人間、見ていないフリをする人間、ここぞとばかりにイジメる人間に加担する人間、様々な人間が絡み合っているが故に複雑に絡み合った糸はほどけないし、切れることもあるのです。

私は男子とは何も考えずに、気を遣わずに楽しく付き合えました。ひょうきんな話をして大声で笑ったり、男に生まれればよかった、と何百回、何千回思ったかわかりません。

私は最後の二年間に賭けました。どうか、どうか多恵ちゃんと同じクラスになれますように。

何度も神様にお願いしました。
posted by じぇいこ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | じぇいこの過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする