2016年05月22日

イジメがこの世界から消えてなくなることなどないのだから、(9)

前回の記事はカテゴリ「私の過去」をご覧ください。

イジメはなくなりません。

「イジメをなくそう!」なんてテレビで声高々に言っている教育評論家なんて、本人はいじめられたことがないんじゃないかと思います。

子どもの頃からイジメがそばにあって、大人になってもいじめられた私にはイジメなんてなくならない、としか言いようがありません。イジメをなくしたいなら「嫉妬」や「嫌悪」の感情を人間から完全に取り除かなければ無理です。そんなこと地球がひっくり返ったって有り得ません。だからイジメはなくなりません。人が集まればその中に嫉妬や嫌悪の感情が芽生えることがあります。その中で妬ましいけど、嫌いだけど、我慢して付き合う人と、妬ましいから、嫌いだから直接言う人と、影で言う人が出てくるには当然のことです。それをされてもめげない人と、されたら死んでしまいたいほど傷つく人がいます。それがイジメです。イジメをこの世界から消そうなんて、不自然でしかないのです。

親になった今、今度は子どもの心配をしなければなりません。もしかしたら私自身もまたママ友や保護者会などでイジメにあうことだってあるかもしれません。

イジメがこの世界からなくなることなどないのだから、

ないのだから、

ではどうすればいいのか。

私たちは子どもが「嫉妬」や「嫌悪」の感情を持った時にそれを相手に向けて攻撃する力にするのではなく、勉強なら鉛筆に、運動なら身体に、自分と闘って相手に勝てる力に変えるよう導くべきです。

そして、いじめられたなら、それを自分の命を絶つことでなく、バネにして次のステップへ行けばいい、ということ、そして逃げることは決して恥じることではない、ということを教えるべきだと思います。

私は何度もイジメにあいましたが、死ななくてよかったと思います。いつか、アイツらを見返してやろうと思って生きてきました。そのおかげでやりたかった仕事もできたし、夫にも息子にも会えました。そして死にたいほど苦しかったら逃げればいいんです。逃げることは直面しないことと思われて、特に日本人の気質では好かれないことかもしれません。でも、逃げることは新しい世界に行くことでもあると思います。

イジメがこの世界から消えてなくなることなどないけれど、

この世界は広いです。道は無限にあります。あなたがいるべき場所は必ずあります。



posted by じぇいこ at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | じぇいこの過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする