2016年06月05日

卒業シーズン

台湾は九月入学なので今月六月は卒業シーズンです。それから夏休みがあって、九月から新学期や新生活を迎えます。なので今はちょうど変化がいろいろある時期ですね。

近所のスーパーのアルバイトの子も先日大学卒業して、今度は大学院に進学すると言っていました。初々しくていいですね。何かいろいろ思い出しますよね。自分の大学時代とか、卒業式とか...遠い...( ̄▽ ̄;)

日本でも桜の季節になると出会いと別れを思い出して物思いにふけることがありますが(←ない?(・3・))何年も台湾にいると六月のあっつい中でも何となく物思いにふけったりしますね。台湾では卒業シーズンの花と言えば「鳳凰花」(むかーし撮った写真が見つからないのでググってください(←よ!無責任日本代表!アモーレ!))と言う真っ赤な花です。大きな木に真っ赤な花がたわわに咲くと卒業シーズンです。初めてその話を聞いた時はトロピカル過ぎる花が卒業の物悲しさと合わないなぁ、なんて思いましたが、今となっては暑い時期にあの赤い花を見てしみじみと卒業シーズンに思いを馳せている自分がいます。

でもやっぱり桜がいいですけどね。

追伸: 卒業された皆さんおめでとうございます!
posted by じぇいこ at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする