2016年06月22日

パイワン族の児童合唱団

台湾に原住民がいることは知っていましたが、詳しく知ったのは恥ずかしながら台湾に住み始めてからです。

初めて食べた原住民料理はとても美味しく、初めて聞いた原住民音楽は涙が出るほど感動し、鳥肌が立ちました。

20160622204319527.jpg

これはパイワン族のある小学校の児童合唱団のCDアルバムです。澄み切った歌声は天使の歌声と称されるのが頷ける素晴らしいものです。

子育てに追われゆっくり音楽を聴く時間などないに等しい毎日ですが、久々にこのCDを引っ張り出して来たのには理由があります。

数日前のニュースにパイワン族の児童合唱団のことが載っていたからです。

『台湾総統就任式で合唱したパイワン族児童の中国公演中止に』

と言う記事です。

内容(とても短いです。)は読んでいただければわかるので、書きませんが、音楽や、芸術、スポーツに政治が絡んで交流が阻まれるのはとても悲しいことです。しかも子どもたちには何の罪もなく、一生懸命練習してきただろう歌が国の事情で披露できなくなるなんてあまりにも非情です。

こういうニュースを見る度に、「子どもたちが大人になる頃には」「子どもたちの子どもの時代には」歴史的、政治的摩擦のない穏やかで平和な世界になっていて欲しいと願うことが無意味に思えてきて切ないです。

音楽や芸術、スポーツに国境がないのは事実だと思うけれど、一度政治的歴史的要素が絡むと高い高い壁ができてしまうのだな、と短いニュースからいろいろと考えてしまいました。

ニュースを見て引っ張り出してきたCDを今夜はただただ純粋な気持ちで聴きたいと思います。

追伸: 私が唯一知っている娜魯灣(ナルワン)という原住民の言葉は原住民共通の挨拶で、「こんにちは」とか「いらっしゃい」と言う意味です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村


台湾(海外生活・情報)ランキングへ
posted by じぇいこ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする