2016年08月26日

一分で終わる関係

詳しく書くとわかる人が読んだらわかってしまうと思うので、大まかに書きます。

一緒に頑張ろうとしていた人と、たった一分の電話で今まで築いてきた全てが無駄になりました。安易に人を信じてはいけないということを学んだ、という意味では無駄ではなかったかもしれませんが、私たちがそれなりに労力を注いだ時間、お金、あれは何だったんでしょう。

うすうすこうなることは想像していました。私は人の顔色を伺って生きていく術を家庭環境のせいで否応なしに身につけてきました。ずいぶん前からその人の態度がおかしいと感じていました。鈍感な夫でさえこの一、二ヶ月ほど違和感を感じていました。

予想通りの結末でしたが、予想外のあっけなさでした。

私たちは前を見て頑張るしかありません。(←ちょ!待てよ!キムタクかよ!)解散はしません。(え(笑))

追伸: 頑張ります。
posted by じぇいこ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする