2017年03月18日

大切な人からのハガキ

少し寂しそうな白鳥の絵が描かれたハガキが届きました。

大切な大切な親友からの便りです。本当は二週間ほど前に届いてはずでしたが、郵便受けの奥にはまっていて今日見つけました。

大切な親友とは、以前『小姑の子どもの面倒をみている親友...。』という記事に書いた彼女のことです。彼女の手紙が届いているはずの日から今日までの間に私は彼女とメッセージのやり取りをしました。聞きたいことがあって、連絡をしたら彼女から「少し体調が悪いから良くなるまで待ってね…ごめんね」と言う返事が返ってきました。びっくりして聞くと「病気で手術が必要」と言うことでした。治る病気だったので、ほっとしましたが、ご主人の家族のことで心労が耐えなかったことが原因だと悔しい気持ちになりました。でも、きっと神様が与えてくれた休憩時間だからゆっくりするんだよ、と言ってバイバイしました。あの時もハガキのことを聞くわけでもなく、結局は私のことも励ましてくれて終わりました。

今日ハガキを受け取って、読みながら涙が止まりませんでした。

「久しぶり!すごく会いたいです。息子と大好きな絵を見に行って、すごくこの絵が好きだなって思って、あなたにも送りたくなってハガキを買いました。文字の温度が私の気持ちをあなたに伝えてくれたら嬉しいと思います。あなたもこの絵が好きだといいな。」

辛いことなんて一言も書いていなくて、外でゆっくり過ごせる時間だって少ないはずなのに、それなのに私のためにハガキを買ってくれて、体調だって悪かったはずなのに...なのに..

泣きながら彼女にメッセージを打ちました。四日前に手術が終わってまだ入院中だと言っていました。「泣いちゃった」と言うと「笑ってもらいたくて送ったんだから泣かないでよ!」とまた励まされました。本当は画面が見えないぐらい大泣きしていたけれど、心配させるわけにはいかないので「すごい素敵な絵でこのハガキ大好きだよ!本当に嬉しい!」と伝えました。

どうしてこの世界は不公平なんだろうといつも思います。どれだけ努力してもどんなに無理して頑張っても報われないことが多すぎて、報われないだけじゃなくて病気まで与えるなんて...神様が与えてくれた休憩時間、なんて彼女に言ったけど...この休憩時間が本当に意味のあるものでなかったらやりきれないです。

20170318193307851.jpg

追伸:今の苦労は未来の幸せのためであって欲しいと心の底から願います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村


台湾(海外生活・情報)ランキングへ

posted by じぇいこ at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする