2017年04月02日

伝統的な台湾家族に悩まされるのは日本人妻だけじゃない。

伝統的な台湾家族に悩まされる日本人妻、じぇいこです。どうも。

実際は悩まされる次元はもうとっくに超えて断絶してますけどね。(´∇`)

しかしそういうことで悩まされるのは何も日本人妻だけではありません。同じ台湾人同士でも一方がオープンな家族、相手方が伝統的な家族の場合、同じようにオープンな家族が悩まされるんです。日本でもそうだと思いますが。今日も婚約者が伝統的な家族で、自らはオープンな家庭で育った女性の友人と熱く語り合いました。オープンと言うか、「娘(息子)の幸せが一番大切」という考えの家族ですよね。伝統的な家族は「面子が一番大切」です。何人結婚式に呼ぶのか、どこでするのか、日取りはいつか...等々口を出し、当然同居よね?嫁ぐのに家事はやってくれないの?まで平気で言うヤツら(←^^;)聞いてて自分のことかと思いました。(笑)話してるうちにヒートアップし過ぎてめっちゃ汗(笑)とは言っても、彼女は私のように断絶したいわけではなく、できることなら穏便に平和に、と思っているので両方の親に挟まれ板挟み...かわいそうでした。

最近、身近でいろいろと結婚話があって、とてもおめでたいのですが、皆幸せそうに見えてもいろいろありますよね。本当に幸せになって欲しいです。将来、息子の結婚とか口出ししないようにしなきゃなと固く誓いました。

負の歴史(←言い過ぎ(^ω^;);););))は繰り返さないように。

追伸:今日もお客様いっぱいで嬉しい悲鳴でしたー♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村


台湾(海外生活・情報)ランキングへ

posted by じぇいこ at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする